jerseyboys

ジャージー・ボーイズ

1960年代アメリカで人気を博したポップスバンド、フォー・シーズンズ。その結成から解散まで。

こちらも観たいと思いつつ、観てなかったもの。

もっと陰鬱とした、重たい作品なのかなぁと思っていたのです。
だって監督クリント・イーストウッドだよ?

でも、そんなんじゃなく、
多幸感あふれる、さわやかなエンディング。
元々がミュージカルっていうのもあるだろうし(知らなかった)
何よりも楽曲の素晴らしさによるものが大きいですね。

栄光からの転落を味わって、
最後のクライマックスに流れるのは、誰もが知ってるあの名曲。
それが流れてきた瞬間、毛穴がブワっと開く感覚。
すばらしいカタルシスです。

舞台さながらのグランドフィナーレがホントに素敵だった。
善人も悪人も、みんなでステップ。
僕が何度も観たいから、ここに貼っとこう。