kingsman

キングスマン

父親を亡くし貧しい家庭で生きる少年エグジーは、英国の秘密諜報機関キングスマンにスカウトされる。
彼の成長と、世界存亡の危機に対するスパイ組織の物語。

殺人紳士!
とんでもアクション!
楽しいスパイグッズ!

これだけ揃えば面白くないハズもなく。
キャストの良さもあって、ドツボにはまってしまいました。
キャストがねー、好きな人ばっかりなの。(マーク・ストロングに、マイケル・ケイン…etcetc)
そして新人のエグジー役のタロン・エガートンもすごく良かった!

王道のスパイアクションに、
労働者階級VS貴族階級の対立をもってきたのも良いですね〜

そして、差別主義者にはすべからく酷い仕打ちが…
躊躇のない表現もまた良し。

なによりも終盤の花火のシーン。
あの場面であんな頭の悪い演出をぶっこむか!
劇場でゲラゲラと腹抱えて笑ったのは久しぶりでした。

いやぁ楽しかった。